パソコン操作

データセンターとは

大切なデータを復活させたい!そんな方はこちらへ。外付けhddの復旧のご相談を承っております。様々なトラブルに対応できます。

セキュリティ体制も万全のデータセンターを利用するなら、こちらがおすすめ。高速バックボーンも備わってるので安心です。

データセンターは、サーバ等のコンピュータやこれらを接続し、データ通信を可能にするネットワーク機器などの装置を設置・運用することに特化した施設のことです。 その進化の歴史を簡単に振り返ってみます。 最初のデータセンターは,システムデータセンターと呼ばれ、主にメインフレームという企業で使う大きなコンピュータのバックアップ用途として使われていました。 その目的から、堅ろうで地理的にも首都圏から離れた場所に開設されました。 特に高い耐震性やセキュリティ、無停電を売りにしていました。 基幹データの媒体保管や基幹システムを移設してアウトソーシングするセンターとして活用されました。 次にインターネットの普及に伴い、インターネットデータセンター (IDC)と呼ばれるようになりました。 インターネット接続のためのファイヤウォール、DNSサーバなどが 整備されました。 オープン系サーバを収容するためにIDC標準ラックが導入ました。 ブロードバンド化により、ネットワーク上のデータ量が爆発的に増加しました。これに伴いIT機器の高機能化、高集積化が進み、データセンターがさらに活用されるようになりました。

データセンターの今後については2つの大きな流れがあると考えられます。 一つは、震災以降、事業継続対策を目的にしたデータセンターへのニーズが継続的に高まってきたことです。 そのため、IT事業者による建設ラッシュが続いてきましたが、ここにきてやや供給過多の状況になっていると言われています。 ただし、事業継続の必要性を理解していながら実施に移せていない企業も多いため、特にコスト面での折り合いがつけば、今後もニーズは継続するものと考えられます。 もう一つはクラウドの登場と普及です。最近は多種多様のクラウドサービスが存在し、利用されています。今後も更なる発展が見込まれます。 これに伴い、サービス事業者によるデータセンターの利用が長く継続されると見込まれます。

オススメリンク